バナー

歯科とあごを動かすと痛い原因

普通にあごを動かすだけで痛いといった顎の痛みの原因は、顎関節症かもしれません。


まずは歯科で、口内の様子をチェックしてもらいましょう。

自分ではわからない原因も歯科医院では、プロの歯科医が正確に判断して、適切な治療を受けることができます。

口が上手に開かない症状や口を開けるにしても、その時に顎に痛みを感じたりするのが顎関節症であり、痛いと感じるほかにも雑音がすることもあります。

食いしばりや歯ぎしり、頬杖といった日常的なクセがあることや、歯の上下のかみ合わせが適切でないなどが原因となり、過剰な負担があごにかかるために痛みを感じます。



顎まわりの炎症に関しては、親知らずが関わっていることが考えられます。

まっすぐには生えにくい親知らずですから、そのまわりに汚れが蓄積して、まわりに炎症を起こすことがあり、これは智歯周囲炎といいます。

炎症も進行すると痛みは広がります。


顎の全体からはじまって口の周辺、そればかりか顔全体にも広がるので、東部にまで痛みを感じることがあります。

OKWaveのお得情報を用意いたしました。

痛いときの自宅でできる対処法として、食べ物では硬いものを控えることです。ハードな食品を噛み砕こうとすると、顎関節症の場合はその症状を余計に悪くさせます。

硬いおせんべいや、干したスルメなども、治療を終わるまでは控えたほうがいいでしょう。

硬いものは食べられませんが栄養は大事なので、野菜などを柔らかく煮込んだスープなどを食べるのもいいでしょう。

痛みを感じる時には、口をあまり大きく開けないようにするのも、意識をしたほうがいいです。

口を大きく開く行為は、顎への負担が大きいからです。

大きな口を頻繁に開けてしまうと、痛みの症状は悪くなります。演劇をしている人や合唱を楽しむ人も、発声練習などは治るまでは控えることです。

しっかりとした代官山の歯科のお得情報を公開します。